脱毛処理ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高周波脱毛器の仕組み

高周波脱毛器の高周波とは何?という疑問をもっている人もいるかと思いますが、高周波とは一言で言うとものすごく速い振動のことです。そういった振動を物質に伝えると内部から熱を発します。その熱を利用して毛根を処理しましょうという物が高周波脱毛器なのです。

一般的な高周波脱毛器にはピッカーとよばれる金属の毛抜きのようなものがついています。そのピッカーで毛をつまんで高周波を毛根に伝えるわけです。ここで注意しなければいけない事は、振動を伝えるわけですから毛をピンと張った状態にする必要があります。糸電話の要領ですね。

毛根に高周波の振動が伝わり熱を発生させると熱処理され収縮します。毛を張った状態ならそのまま自然に毛根からスルリと抜けるわけです。

毛抜きなどで引き抜くのに比べて痛みが無いのが特徴です。毛根からきれいに抜けて発毛組織にもダメージをあたえますので、単に抜くだけ以上のメリットがあります。一本づつ毛をはさんで抜くのは処理に時間がかかりますが、TVを見ながらゆっくり処理するなど慌てず確実に処理したい人に向いています。

最近は脱毛器といえば広範囲に照射するレーザーや光が主流になっていますが、昔はエステサロンでも高周波脱毛が主流でしたし。最近では大きさもコンパクトになり価格面でもリーズナブルになっています。その効果や実績、確実性の面から根強い人気を保っています。ムダ毛処理の手段の一つとして検討することをお勧めします。

高周波脱毛器の商品一覧





スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。