脱毛処理ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トリアパーソナルレーザー脱毛器(テレビCM放映中商品)

トリアパーソナルレーザー脱毛器はアメリカFDAの認証を受けた安全で本格的なレーザー脱毛器です。

お肌に安全なダイオードレーザーを照射して脱毛するので、お肌にやさしく家庭用にもかかわらずプロのサロンやクリニックで注目される製品。

お肌に当てるとレーザーが皮膚を通過し自動的にムダ毛だけに働きかけてケアします。
肌センサーが内蔵され、肌に密着していないとレーザー光を照射できない安全設計。ムダ毛ケア終了時にピッと音が鳴るので、やり過ぎる心配もありません。


トリアパーソナルレーザー脱毛器の販売各店舗の価格を見る





脱毛クリームや抑毛剤の通販人気ランキング上位商品

エヌナノシリーズ
抑毛剤が中心の人気ブランド。ひげが薄くなる男性向けのヒゲ抑毛ジェルの商品がヒットし、全身用や抑毛効果のあるボディーソープなどを次々に発売。
美容液などにも用いられるナノカプセルという細かい粒子化の技術の応用が特長で抑毛成分が毛穴に浸透しやすいそうです。

ナノナノEX
こちらも毛穴に浸透しやすいナノカプセル技術を応用した抑毛剤の人気シリーズ。
徐毛クリームと抑毛剤のセットで販売される事が多いです。主に女性をターゲットにしたラインナップになっています。

ケーイーレスローション
こちらは海外でもヒットしている抑毛ローション。
男性のひげ向けのケーイーレスローションEXforMENが特に抑毛成分が濃くてオススメ。

ドクターナノン
ナノカプセル&ジェル化で毛穴に浸透、定着しやすく人気の高い商品。
通販雑誌などで盛んに宣伝されています。
改良されたドクターナノンハイパーは抑毛成分が従来品よりも多く含まれ毛を薄くする効果が高いです。










高周波脱毛器の仕組み

高周波脱毛器の高周波とは何?という疑問をもっている人もいるかと思いますが、高周波とは一言で言うとものすごく速い振動のことです。そういった振動を物質に伝えると内部から熱を発します。その熱を利用して毛根を処理しましょうという物が高周波脱毛器なのです。

一般的な高周波脱毛器にはピッカーとよばれる金属の毛抜きのようなものがついています。そのピッカーで毛をつまんで高周波を毛根に伝えるわけです。ここで注意しなければいけない事は、振動を伝えるわけですから毛をピンと張った状態にする必要があります。糸電話の要領ですね。

毛根に高周波の振動が伝わり熱を発生させると熱処理され収縮します。毛を張った状態ならそのまま自然に毛根からスルリと抜けるわけです。

毛抜きなどで引き抜くのに比べて痛みが無いのが特徴です。毛根からきれいに抜けて発毛組織にもダメージをあたえますので、単に抜くだけ以上のメリットがあります。一本づつ毛をはさんで抜くのは処理に時間がかかりますが、TVを見ながらゆっくり処理するなど慌てず確実に処理したい人に向いています。

最近は脱毛器といえば広範囲に照射するレーザーや光が主流になっていますが、昔はエステサロンでも高周波脱毛が主流でしたし。最近では大きさもコンパクトになり価格面でもリーズナブルになっています。その効果や実績、確実性の面から根強い人気を保っています。ムダ毛処理の手段の一つとして検討することをお勧めします。

高周波脱毛器の商品一覧





永久脱毛剤の研究

日々科学の研究が進む世の中で、永久脱毛剤の研究もまた行われています。どのような永久脱毛剤の研究が行われているのかを調べてみました。

・永久脱毛剤のために発毛のメカニズムを解明する

内毛根鞘
毛は、毛随・毛皮質・内毛根鞘・外毛根鞘などの様々な層から構成されており、毛母細胞はそれぞれの層を形成する全ての細胞に分化するといわれています。毛母細胞は、毛乳頭から増殖因子を受け取り、増殖して上昇しながら毛を作る細胞へと分化します。

毛周期
毛は毛周期に従って作られ、毛周期は成長期・退行期・休止期の3つの時期に分類されます。成長期には、毛母細胞が活発に分裂し毛の形成が進行します。退行期に入ると毛母細胞が消失し、退行期から休止期にかけては毛の形成がストップします。新たな成長期に移行すると、消失した毛母細胞が供給され、毛の形成が始まります。

生長期:毛の製造工場に当る毛母細胞が活発に
    細胞分裂を繰り返しながら毛を造っている。
移行期:毛の生長活動が
    停止し始め毛根の萎縮・角化が始める。
休止期:毛の製造工場である
    毛母細胞が細胞分裂を完全に
    停止し、毛根の萎縮・角化も完了する。

以上のメカニズムから毛乳頭の機能停止による脱毛が可能とされています。毛乳頭はタンパク質で出来ていますから毛乳頭を破壊するタンパク質分解酵素の研究も行われています。

・男性ホルモンと発毛の関連性

よく言われる「体毛が濃い人はハゲやすい」説については、こんな説があります。
「男性ホルモンの濃度にどの程度、個人差があるのかはわかりませんが、人によって起こる前頭部や頭頂部での脱毛を男性ホルモンが促進していることは、数多くのデータが示しています。その一方で、胸毛のような『性毛』は男性ホルモンによって増加するといったことも知られています。同じ毛なのに、抜けることと増加することと、全く逆の作用であることは大きな謎です。」
これは今のところ、毛の部位によって男性ホルモンに対する「感受性」が違うのだろうと考えられているそうです。
「体毛をのばすのに使われなかった養分がそのまま頭髪に使われるといったことはないと思いますが、完全に否定することも難しいです。ただ、もしそんなことがあるなら、美容で体毛を永久脱毛した人たちは頭髪が濃くなったという報告があるはずだと思いますが…」

以上の説から、男性ホルモンを阻害する成分やホルモンバランスの操作を目的とした女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンの研究が進められています。

どちらの研究もすでに実用化され脱毛剤としての効果も出ています。ムダ毛の毛穴の中に擦り込むという簡単な物ですが、商品化され販売されています。しかし、塗ってすぐに毛が抜け落ちるほどの即効性の効果が出るには至らず、脱毛剤と称するにはまだ物足りなく、塗り続けて徐々に効果の出る抑毛剤として販売されています。脱毛効果の向上が今後の研究課題のようです。

脱毛剤の商品一覧






レーザー脱毛器での処理は痛い?

レーザー脱毛器は黒い色だけに反応するレーザー光線を皮膚の下に隠れたムダ毛に照射し熱処理する脱毛器です。レーザー脱毛器で熱処理された毛の熱は接する皮膚に伝わります。レーザー脱毛器の処理での熱の伝わる範囲は非常に小さいですからヤケドとまではいかず安全性にも問題はありませんが、チクッとした痛みが走ります。その痛みが嫌でレーザー脱毛器の使用を躊躇してしまう人も多いようです。

レーザーは色素が多い太くて濃い毛ほど反応しやすく、皮膚に熱が伝わる面積も広くなってしまいます。特に男性の濃い髭や女性でも脇の処理時には、ある程度の痛みを伴います。なんとかその痛みをやわらげることは出来ないものでしょうか?

問題の一つは処理された毛の熱の伝わる箇所にあります。レーザー脱毛の目的は毛の根元にある、毛を作り出す細胞組織である毛乳頭を熱処理する事です。なので毛乳頭以外の皮膚に伝わる熱による痛みを我慢する事は脱毛の効果にも関係が無く、せっかくの我慢も報われないことになります。
もう一つの問題は毛が密集している箇所を処理する場合、一度に熱の伝わる箇所が多いために痛みが大きくなるという点です。

この両方を解決する手段として、あらかじめ毛抜きなどでムダ毛を抜き、再び発毛し始めるタイミングでレーザー脱毛処理をする方法があります。この方法の場合、生え始めたばかりの短い毛にレーザーを照射することが出来るので毛の根元にある毛乳頭にピンポイントで熱を伝える事が出来、脱毛処理の効率も大幅に良くなります。また、毛が密集している状態にもなりません。以上の理由でレーザー脱毛処理に、ほとんど痛みを感じません。

この痛みを感じない方法なら毛周期に合わせて継続することも難しくないですし、毎日の処理を怠けさえしなければ、楽に脱毛処理をすることが出来ます。あらかじめ一度ムダ毛を抜いておくという作業は大変面倒ですが、ムダ毛で悩んでいる方にとっては、その効果を考えれば十分にやる価値のあることではないかと思います。

レーザー脱毛器の商品一覧





ヒゲ脱毛方法

男性の中に毎日のヒゲ剃りをわずらわしく思い、ヒゲ脱毛に興味がある方も多いかと思います。ヒゲ脱毛でヒゲの量が減ると、毎日のヒゲの処理がとても楽になりますし、昼になるとあご等の剃り跡が青々しくなるということも無くなり、見た目にも清潔感のある印象を与えます。肌が弱くカミソリ負けに悩んでいる方にもヒゲ脱毛はおすすめです。

では具体的にはどういった方法があるのでしょうか?

レーザー脱毛
レーザー脱毛は黒い色にしか反応しない特殊なレーザー光線を皮膚の外側から毛根に向けて照射し、毛包部分の組織破壊により、発毛が起こらないようにする脱毛方法です。ヒゲをツルツルに無くしてしまうことも出来ますが、多くの方は完全にツルツルにするのではなく、ある程度ヒゲを薄くすることを目的にしているようです。一部分のヒゲだけ(頬など)を薄くして形を整える方も多く、ヒゲ以外の脱毛(膝下、胸、手の甲、腕など)の脱毛ももちろん出来ます。

抑毛剤
その名の通り発毛を抑制したり発毛組織にダメージを与える成分を毛穴に浸透させ、徐々に毛を退化させヒゲを薄くする方法です。効果的に使う方法として、毛抜きなどでヒゲを毛根から抜き、そこへ抑毛剤を塗りこむ方法や風呂上りなどで毛穴の開いた状態で使う方法があげられます。毛が抜けやすくなる効果もありますのでヒゲを毛抜きで抜く前に何日間か塗り続けてみるのもいいと思います。効果のある抑毛剤なら痛みも無くヒゲが抜けやすくなる効果も実感できるでしょう。

こういったヒゲ脱毛などのムダ毛処理で忘れてはならないのが、毛周期の存在です。毛には生え変わりのサイクルがあり、抜け落ちた毛の別の塞がれていた毛穴から休止していた毛が新たに成長して来ます。そういった発毛の特性を知り、根気よく毛穴の中の発毛組織を処理してヒゲ脱毛を目指しましょう。

ヒゲ脱毛関連商品一覧






ムダ毛処理で気をつける点

数あるムダ毛処理の方法の中で一番手軽で一般的に使用されるカミソリですが、皆さんはムダ毛処理のためにどんなカミソリを使うかという事に気を使われた事はあるでしょうか?力を入れなくてもムダ毛をラクラク剃れる上質なものを使うと肌への負担が軽減されて良いと思います。日々のムダ毛処理で頻繁に使う物ですからこだわってみるとお肌の調子に以外と差が出たりします。剃った後にスキンケア成分の入った抑毛剤を塗るのが、ムダ毛処理方法としてもおすすめです。

ムダ毛の処理をするということは、イコールお肌を綺麗に見せるという事でもあると思います。食事のバランスや生活のリズムが大切なのはちろんですが、肌に負担の掛かるカミソリや脱毛器等での処理の回数を減らす事も重要になって来ます。そうなると行き着く所は脱毛処理という訳です。

毛抜きやワックスや脱毛器等でムダ毛を引き抜くと、肌に負担が掛かり、赤く腫れる場合があります。ムダ毛を毛の流れに沿って抜くことや、お風呂上りで毛穴の開いた状態で抜くなどの対処法がありますが、毛を抜けやすくする事を考えるのならやはり毛根を処理する高周波脱毛器や毛根を弱らせて抜けやすくする抑毛剤を使用するのも有効です。

ムダ毛を抜いた後のケアですが、ここもまたスキンケア成分も入った抑毛剤でケアするのが良いでしょう。毛が抜けた後の毛穴の奥に浸透してムダ毛が薄くなったり、成長が遅くなったりといった抑毛効果が顕著に現れます。

ムダ毛処理の方法はたくさんありますが、ストレスを少なくしたり生活習慣に気を使ってお肌を健康に保ち、その上でムダ毛の処理をするのが一番大切な事ではないでしょうか。

ムダ毛処理の関連商品一覧







ひげ脱毛をする理由

ひげ脱毛という言葉は一昔前にはあまり聞かれなかった言葉ですが、最近ではひげ脱毛はちょっとした流行のようです。このひげ脱毛を考えるのは、もちろん男性が多いと思います。男性のひげの悩みとして、主に考えられるのは、

・ひげを剃ったあとが青々として女性に敬遠される(気がする)
・実際の年齢よりも老けて見られる
・毎朝ひげを剃るのが面倒だし夕方にはまたひげが目立ってくる
・ひげをかっこよくを生やしたいが、広範囲に生えてしまい無精ひげっぽくてだらしなく見える

特にひげが非常に濃い方には大きな悩みだと思います。何とかひげをきれいに脱毛する方法はないものでしょうか。そこで、ひげの脱毛方法を調べてみました。レーザー脱毛器、光脱毛器、脱毛クリームなど脱毛方法は多様です。かかる費用も、ひげ脱毛の方法によって様々です。

現在エステで主流のレーザー脱毛にはかなり高額な費用がかかりますが、長期的に続ければひげの永久脱毛も可能だそうです。逆に抑毛剤などを使ったひげ脱毛には、それほど費用はかかりませんが、レーザー脱毛ほどの即効性は期待できません。ひげを完全に脱毛したいのか、濃いひげを薄くしたいのか、それとも部分的にひげを無くしたいのかなどの要望の違いによって検討されるべきだと思います。

エステに行くのが最も確実で手っ取り早いとは思いますが、家庭用のレーザー脱毛器も通販等で販売されていますし、評判の良い抑毛剤もあります。掛かる費用や手間も考慮して自分にベストだと思う手段を選択してみてはいかがでしょうか。

ひげ脱毛グッズ一覧






脱毛クリームは本当に脱毛出来る?

皆さんは脱毛クリームと聞くとどういった物を連想されるでしょうか?
ほとんどの方は脱毛クリームを塗るだけですぐにムダ毛が抜け落ち、もう毛が生えてこなくなるような薬品の脱毛クリームを想像されるかと思います。しかし、残念ながら現在の技術はそこまでは進歩しておらず、お肌の安全性の面からも実現は難しいようです。

一般的に半永久的な脱毛をする手段としてエステなどで行われているのは、レーザーやフラッシュライトや電流を流したりする事で、毛を作り出す細胞組織にダメージを与えるやり方です。
エステに通うのは多額の費用が掛かりますし、時間もとられます。だから脱毛クリームを求める人が多いのではないかと思います。

では、一般に脱毛クリームと称して売られている物はどういった物なのでしょうか?大きく分けて2種類に分類できます。毛を溶かして除毛する薬品または毛根に働きかけ発毛を抑制する薬品です。前者の毛を溶かす薬品は表面の毛を取り除くだけなのでカミソリで剃るのとあまり変わりはありません。後者の抑毛剤は毛が抜け落ちるわけではありませんが塗り続けると毛が抜けやすくなったり発毛が遅くなるといった効果はあるようです。どちらにしろ第一印象で思い描くような理想的な脱毛クリームには程遠い物です。

永久脱毛に近い効果が得られる脱毛クリームを作るのは不可能な事なのでしょうか?完璧な物を作るのは不可能ですが、抑毛剤はいいところまで行ってるとは思います。微妙ですが実際に発毛が遅れたり毛が細くなるといった報告が多数あるのです。

それなら使い方を工夫してみてはどうでしょう。
そもそも毛の生えている毛穴に抑毛成分が十分に浸透するのでしょうか?という疑問が沸きます。そこで私の考えた抑毛成分を十分に浸透させる方法は、まず毛を抜く事です。毛を抜いた毛穴になら毛根にも十分に成分が行き渡るのではないかと思います。毛が生えて塞がれている毛穴に塗っても僅かながら効果があるのですから毛の無くなった毛穴に浸透させれば大きな効果が得られる可能性はあります。ムダ毛の処理で悩まれている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

脱毛クリームの商品一覧







無駄毛処理の歴史

無駄毛処理について一番古い記録によると紀元前3,000年~4,000年頃の地中海地方や古代オリエントにおいては、すでに無駄毛処理が行われていたようです。宗教や歴史の文献の無駄毛処理についての習慣や法律の記述によると、無駄毛処理用剤である“Rhusma turcorum”は硫黄と石灰と澱粉で作られた脱毛ワックスのようなもので、古代オリエントのハーレムの女性達に無駄毛処理用途で一般的に使われていました。

地中海沿岸の地方では無駄毛処理用途でひもが広く用いられていました。指でひもを操ってひもに毛を挟み込んで抜くというものです。この技術は現在までこの地方に伝わり広く使われています。

紀元前1,500年頃の書物によると、エジプトで無駄毛処理が行われていたという記述があります。使用されていたのは脱毛ワックスのような物で「油と焼いたハスの葉を一緒に亀のコウラの中に入れて、そこにカバの脂肪を加えた物」だったそうです。

紀元前30年~40年頃に生きていたエジプトの女王であるクレオパトラも、脱毛ワックスのようなもので無駄毛を処理していたことが記述されています。また、古代エジプトの出土品の中には青銅で作られたカミソリもありました。現代の床屋さんで使われるような長い立派な刃のカミソリも発見されています。

19世紀に入ると永久脱毛を目的として様々な脱毛方法が考案されました。例えば、肌に直接硫酸などの強い薬品を塗ったり毛を抜いたあとの毛穴に汚れた針をさし込んだりという過激なものでした。毛穴にわざと炎症を起こさせて、それによって毛穴を塞ごうと考えたのです。当然永久脱毛の効果は無いですし肌を痛めて醜い痕を残す事になったそうです。

1907年~1957年まで50年にわたってアメリカでは、X線を使用した脱毛処理が行われていました。永久脱毛は可能だったのですが、シミやシワや傷などの放射線による副作用がみられ、脱毛処理後の皮膚にケロイドや癌の被害が多発しました。

日本でも平安時代に貴族の女性達が額の形を整えるために毛を抜いて、眉墨ならぬ“額墨”で足りないところを墨で書きたしていたそうです。 また江戸時代の遊女は、ひらたくて小さい軽石を2個使って陰毛を間に挟んでこすり切ったり、陰毛の先端を線香で焼いたりしていました。毛の先端が滑らかでチクチクしなくなるのが良かったようです。
腕や脚などの無駄毛の処理には、無駄毛処理用途のクリームが使われていた事が古い書物に記されています。そのクリームとは、木の実から取った油と軽石を砕いて粉状にしたものを混ぜて練ったもので、それを手のひらに取って皮膚を擦ることで、毛を磨耗させて切るというものです。事後処理には、うぐいすの糞を塗ってへちま水をつけるようにと教えられていました。

無駄毛処理グッズ一覧








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。